自己紹介



製作担当
名 称 小原マサアキ
H.N. Max(ビアッジの真似です)
年 式 1965(昭和40)年型 7月16日製造 蟹座
血液型 RH+A
サイズ 178cm 82kg+
出身地 広島県
職 業

会社員 グラフィックデザイナー (イラストレーター)

趣 味 仕事

販売担当
名 称 小原トモコ
H.N. Kazutomama(息子"和人"の母です)
年 式 19--(昭和--)年型 
血液型 RH+A
好きな人 坂田和人さん




バイク歴
無免許時代は記載せず。


最初に買ったのが1型Γ250
(新車で30万しなかったと思う)
18歳

バリバリ伝説の秀吉にあこがれ

に乗り換える
19歳


出勤中転倒し、鴨川に落下。
修理後、8耐の前夜祭でバーンナウとやりすぎてクラッチがボロボロ・・・。
金欠で刀を手放し、事故った友人からCBR400安く譲り受ける。



やっぱりデカイのが欲しくなり・・・


水谷 勝にあこがれ、500γ
購入

が5日目に廃車
21歳


新車諸費用込み51万円という価格にひかれ
再び買った500Γ
21歳


マックランドというバイク屋から、ミニバイクレース活動開始

4stミニバイクレースにはまる。

GSX-R750Jを衝動買いし、峠に目覚める。

ヨシムラとシュワンツが好きだった
24歳

資金難でGAGレーサーの改造はあきらめ
鈴鹿MS2(シングル250cc)レースに参戦開始。

最高4位(バイクは知人からの借り物)



翌年NZ250を購入し、レーサーを製作。
が、250ccクラスが廃止され
600ccクラスに参戦するも予選通過がやっと。

この年以降レースはやめる。

※NZレーサーは速かったが、クランクのウエイトを切ったり
バランサーを取っ払ったりしたので、
滅茶苦茶なバイクだった。

このころよりバイクのコレクションが増え始める


※200γは嫁さんの。セローの所有者は田村圭二氏


92年夏
事故で半年入院


所有車は500γを残し全て処分



500ガンマの改造開始。

知り合いからGB400を譲り受け、改造開始。


かなり改造しました。
シートカウルは自作。塗装も。
足回りは250VΓ


2002年にヤフオクで処分。







2010年

1988 SUZUK GSX-R1100
所有する。

 


横内悦夫さんと一緒です
北側圭一選手引退記念パーティ(浜松)にて


バイク模型との出会い


1998年
本屋で 上村アキヒロ氏のNSRを見たのがきっかけ。



上村アキヒロさんと一緒です。
静岡ホビーショーにて



アイルトン・セナさんと一緒です。
鈴鹿にて